合弁・買収 (M&A)

クライアントの必要事項をもとに買収ターゲット企業を効果的に審査し、戦略的な関係性作りを通して契約締結前段階の円滑なコミュニケーションと交渉を促進。

合弁・買収(M&A)

M&Aターゲットスクリーニング

売上、地理的ロケーション、専門分野/知識、企業サイズ、製品ポートフォリオ、保有技術、シナジーなど、可能性のある買収ターゲットの評価基準を明確に設定。

現地市場を調査し、現在の市場環境やトレンド、成長の可能性が見込める分野などを理解。

関連性に応じて政府機関や団体と協業し、M&A候補を特定・リストアップ。

業界イベントやカンファレンス、見本市などに参加し、ターゲット企業と出会う。

オンライン調査や市場からの知見、業界ネットワークを使い、買収先候補を選定。

財政パフォーマンスや市場シェア、顧客基盤、成長の可能性をもとにターゲット企業を評価。経営の質や運営の効率、継承の計画などの要因も考慮。

M&Aターゲットエンゲージメント

ターゲット企業のCEOやその他シニアステークホルダーとの関係性作り。機密性を保持しつつ、M&Aの機会についての興味を示すためにオリジナルのアプローチを用意。

シナジーやゴールを話し合うために、クライアントとターゲット企業との間でミーティングを調整・設定。

戦略的パートナーとの協業により、財政パフォーマンスや成長の可能性、無形資産、当該業界での過去の取引などを分析し、ターゲットの初期評価を支援。

ミーティングやワークショップ、企業評価などを目的としたクライアントのターゲット企業訪問をセッティング。

合弁や買収においての障壁を特定し対策を取りながら、契約締結前段階で生じる主要リスクを回避。

米国・英国・欧州市場での販路拡大にご興味をお持ちですか?

お問い合わせ